遺言作成支援

kouseisyousyoigon980-220

1 遺言、それは遺言者の家族に向けた最後の手紙

遺言、それはあなたの家族に向けた最後の手紙ともいえます。あなたが亡くなっると、相続が発生します。あなたの財産は相続財産として、相続人に相続されます。その際、遺言がなければ、相続人全員が協議して分割することになります。しかし、普段は仲の良かった相続人同士が、あなたの財産をめぐって取り合いになり、争続に発展するかもしれません。

「私にはそれほど財産がないから揉めないよ。」という方がいますが、今、家庭裁判所の調停に持ち込まれる案件の内、相続税のかからない相続のほうが多くなっています。それは分ける財産が少ないから取り合いになって揉めているのです。それを防ぐ手段として、遺言があります。

2 遺言が必要なケース

次のようなケースでは、遺言を書いておくことをお勧めします。
  • 子供のいない夫婦の場合
  • 離婚・再婚によって相続関係が複雑になった場合
  • 事業を営んでいる場合
  • お世話になった人にお礼をしたい場合
  • 財産をのこしたくない推定相続人がいる場合
  • 相続人が大勢いる場合
  • 内縁関係の場合
  • 未成年の子供がいる場合
  • 特定のものに条件を付けて相続させたい場合
  • 一人親家庭の場合
  • 賃貸物件を所有している場合
  • 身寄りがない人の場合
  • 相続人の仲が悪い場合
詳しくは、遺言書を作らないと大変な人!をご覧ください。

3 遺言を書くのは難しい

遺言を書きましょうと言っても、なかなか書けるものではありません。書くにはそれなりの下準備が必要です。そして、どんな財産を誰に相続させるのか、十分検討しなければなりません。

遺言を書くには、集中力と体力が必要です。ですから、もっと歳をとってからでもいいと先送りしていると、ついには書くことができなくなってしまうのです。

遺言は、何回でも書き換えることができます。一度、しっかりしたものを作っておけば、あとは修正し、清書すればよいので、自分の体力と集中力があるうちに、しっかりしたものを最初に作りましょう。

4 その遺言が思わぬ争続を招くことも

遺言を書くにあたっては、遺言に書いて効力があるものと、ないものがあるので、何でも書けばその通りになるとは思わないことです。そして正確性に欠けていると、手続きができなかったり、無効になってしまったり、疑義がでて、その遺言の有効性をめぐって裁判になってしまうこともあります。

遺言では効力がないが、信託を活用すれば希望をかなえることができることもあります。信託については、まだまだなじみが少ないと思いますが、これからは遺言代用信託などが増えてくることと思います。

なお、「遺言信託」というと、信託銀行で取り扱う商品としての「遺言信託」と、信託法でいうところの「遺言信託」とがあり、全く違うもので混同しやすいので、注意してください。

遺言を書くときは、ただ遺言者の思いのままを書けばよいというものではありません。相続する側の気持ちや状況も十分考慮してあげる必要があります。遺言があるばかりに、争続となってしまうケースが後を絶ちません。そうならないようにするためにも専門家に相談すべきです。

5 書くなら公正証書遺言をおすすめ

初めは、本屋さんに行って、自筆証書遺言の書き方の本を買ってきて、それを見ながら書こうとしますが、自分のケースにあった例がなくて、書かずにしまったという方も多いようです。そうです。本に載っているのは、一般的な例であり、それを応用するのは非常に難しいのです。

それに比べ公正証書遺言は、専門知識を有する公証人が、遺言者から聞き取りし作成するものですから、出来上がった文章は、法的に効力のある遺言に仕上がります。

6 専門家に支援してもらうのがベスト

そういう意味でも、遺言を書くときは、専門家に支援していただくのがベストなのです。もちろん、いきなり公証役場へ自ら伺って作成することも可能ですが、公証役場での相談時間はおおむね1回30分程度ですので、何回も出向いて打合せをしなければ、完成に至りません。つい億劫になってしまうものです。


当事務所では、自筆証書遺言の作成、公正証書遺言の作成、どちらもサポートしておりますので、お気軽にご相談ください。
ご相談の予約は、電話やお問い合せフォーム からお申し込みをしてください。


tel-pc640-150

電話の受付時間は、8:00~20:00
時間外は問合せフォームをご利用ください。

email640-150



当事務所の主な支援業務

自筆証書・公正証書共通
  • 推定相続人の確認調査、受遺者の確認調査
  • 推定相続人・受遺者関係図の作成
  • 遺言者所有財産の確認・調査・評価
  • 遺言者所有財産目録の作成
  • 遺言者意向ヒアリング・聴聞
  • 遺言財産配分表の作成
自筆証書の場合
  • 自筆証書遺言原案の作成
  • 自筆証書遺言原本の添削
公正証書の場合
  • 公正証書遺言原案の作成
  • 公証役場との調整・打合せ
  • 証人の手配
  • 公証役場での公正証書遺言作成当日立合
  • 公正証書遺言正本のお預かり
  • 遺言執行者の引受