よくある質問

貴事務所の専門分野は何ですか?

代表
当事務所は、高齢で一人暮らしの方が抱える悩みや不安を解決するためのお手伝いを専門としております。
具体的には、老い支度(見守り契約、生前の事務委任契約、任意後見契約、尊厳死宣言書、死後事務委任、ライフプラン)、遺言等の作成支援と相続手続きのワンストップサービスなどです。

相談は無料ですか?

代表
有料です。業務としてご依頼をいただいた場合には、報酬から差し引きいたします。(依頼をあった場合は無料になるということです。)
なお、期間限定キャンペーンで無料クーポンを発行するときもございます。その場合にはホームページに掲載いたします。
初回は2時間まで8000円です。その後は1時間5000円。なお、出張相談の場合は、特に遠方となる場合には別途交通費や日当がかかることがあります。詳しくはお問合せください。

相談内容の秘密は守られますか?

代表
行政書士は法律で守秘義務が課せられております。
違反した場合は6ヶ月以上の懲役または50万円以下の罰金に処せられますので、相談により知り得た情報は、正当な理由がない限り、他者に提供することはありません。
詳しくは、プライバシーポリシーをご覧ください。
当事務所では、お客様のご自宅等、都合の良い場所で面談を行っていますが、相談場所として、喫茶店や公共のスペースなどを指定された場合には、意図せず相談内容が漏れてしまう可能性がないとは言い切れません。

電話やメールでの相談はできますか?

代表
相談の第一回目は、必ず面談をお願いしております。
電話やメールでは本人や書類等の確認ができず、正確な対応ができないこと、また匿名の場合もあり、お互いに信頼関係が築けないことから行っていません。
事務的なやりとりは、依頼者の都合のよい方法で行います。

夜間や土日に相談することはできますか?

代表
営業時間内の相談を基本としていますが、どうしても都合がつかない場合には、お受けしています。
なお、土日祝日のご希望が多いため、相談日が1か月以上先になる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

誰(どの士業)に相談すべきかわからない場合、相談できますか?

代表
お問合せください。どの士業が適切か振り分けをいたします。
振り分けできない場合には、一度、当事務所で相談をお受けし、その結果、弁護士や他の士業への依頼が必要な場合は、紹介いたします。

仕事を依頼した場合どのような費用がかかりますか?

代表
基本的には 報酬 + 実費(各種税・印紙代・旅費交通費・日当等)です。
よく電話でいくらでやってくれますか?と聞かれますが、どのような家を建てるのかわからないのに、いきなりいくらで家を建ててくれますか?と聞かれるのと同じです。
設計図や仕様がわからなければ金額は出せないでしょう。
ご依頼いただく内容により費用が異なりますので、具体的な相談をおこなったうえで見積書をご提示いたします。その上で依頼するかどうかご判断いただきます。

登記はやってもらえないんですか?

代表
行政書士の業務ではありません。他士業法に抵触する業務をおこなうことは法律で禁止されています。
登記は司法書士の業務となります。相続手続きを受任した場合で、相続登記が必要な場合には、提携司法書士にお願いしております。

後見人選任申立て書の作成、提出はしていただけますか?

代表
後見人選任申立て書は家庭裁判所に提出するものです。したがって、行政書士業務ではございません。弁護士若しくは司法書士にお願いすることになります。
作成や提出をお願いしたい場合は、当事務所の提携司法書士をご紹介いたします。

後見人(保佐人・補助人)をお引受いただけますか?

代表
後見人等候補者になることはできますが、後見人等を選任するのは裁判所です。
したがって、候補者になったからといって、必ず選任されるとは限りません。
最近は、候補者となった行政書士が申立て書を作成したのではないかと疑われ、利益誘導になるとして選任されなかったケースもあるようです。

任意後見人をお引受いただけますか?

代表
お引き受けできます。ただし、緊急での対応が難しいので、当事務所から本人の居住地に車で1時間以内で行けることが条件です。
遠方の場合は、私の所属する(社)コスモス成年後見サポートセンター会員の中から、近い方をご紹介いたします。
必要な手続きは、当事務所で可能です。

対応エリアはどこまでですか?

代表
基本的には対応できるエリアの制限はありません。相談は面談で行っているため、実際には、県内の方が多いです。詳しくは営業地域をご覧ください。