個人事業主でいくか、会社にすべきか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

起業にリスクはつきものです。これから起業したいあなた、事業計画で法人化は必須ですか?
個人事業主でいくか法人を設立するか考えてみましょう。両者のメリット・デメリットを比較してみると次のように考えられます。

区分
法人(会社)
個人事業
設立の手続き 煩雑 なし
設立費用 株式会社で約24万円~ なし
事業内容 定款に定める 自由
資金調達 有利 不利
記帳・決算 複式簿記・決算広告義務あり 単式簿記でもOK
社会的信用 高い 低い
従業員確保 有利 不利
債務責任 株式会社・合同会社への出資者は有限責任合名会社・合資会社は無限責任の出資者最低1名必要 無限責任
社会保険 適用事業所に該当すれば加入 事業主は加入不可
利益にかかる税金 所得に対する法人税25.5%(中小法人等所得800万円以下15%) 事業所得に対する所得税5%~40%
所得税の税率表(国税庁)
節税 有利 不利
一人で始めるのか、複数人で始めるのか。開業資金はどのくらいあるのか。地盤が固まるまで個人事業主で始めるほうが無難でもありますが、1円で会社設立し、簡単にやめられないように自分を追い込むのも一つの方法でもあります。また、業種によっても違ってくるでしょう。

 


   

当事務所では、会社設立・設立後の会社運営についてサポートしております。どうぞお気軽にご相談下さい。

 

SNSでもご購読できます。