尊厳死宣言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 事故や病気により、植物状態や脳死状態になった場合、尊厳死を希望するなら、きちんとした書類でみずからの意思表示をする必要があります。

【日本尊厳死協会の「リビング・ウィル」による方法】

独自の書式が用意されています。
<日本尊厳死協会についてはこちらから>

【公正証書「尊厳死宣言書」による方法】

尊厳死の宣言書をつくるポイント
  1. 延命治療を拒否し、尊厳死を希望するという意思表明
  2. なぜそのような希望を抱くにいたったかという理由
  3. 尊厳死について家族も同意しているという事実
  4. 医師に対して、刑事、民事責任を負わせないでほしいという希望
  5. 本人による撤回がないかぎり、宣言書の内容は効力を持っていることの明示

※同意を得る家族の範囲は、配偶者・子供・親兄弟など。最低限、自分の相続人にあたる人達の同意は必要です。




当事務所では、「老い支度」についてサポートしております。
お気軽にお問い合わせください。


tel-pc640-150

電話の受付時間は、8:00~20:00
時間外は問合せフォームをご利用ください。

email640-150

SNSでもご購読できます。