カテゴリー: 

法定後見制度を利用するには?

成年後見人、保佐人、補助人を選任するには、家庭裁判所の審判が必要となります。 申立出来る人 本人(成年後見、保佐あるいは補助開始の審判を受ける者) 本人の配偶者 四親等内の親族 未成年後見人 未成年後見監督人 保佐人 保佐監督人 補助人 補助監督人 検察官 任意後見契約が登記されてる場合は、任意後見受任者、任意後見人及び任意後見監督者 市町村長 申立先は 本人の住所地を管轄する家庭裁判所 管轄する […]

成年後見制度でできないこと

成年後見人がついたから、なんでもやってもらえると誤解している方が多いですね。また、成年後見人の中にも、なんでもできると思っている方が少なからずいます。成年後見制度では、本人(成年被後見人)の「財産管理」と「身上監護」をその事務範囲としていますが、次のことについてはできないのです。 1 本人の日用品の購入に対する同意・取消 自己決定の尊重の趣旨から、本人が生活するために必要な食料品や嗜好品その他の日 […]

成年後見制度って?

痴呆等で判断能力が落ちた人や知的障害者・精神障害者など判断能力の不十分な人が、家庭や地域社会で通常の生活ができるように支援する制度で平成12年4月からスタートいたしました。公的な支援者(後見人等)は、判断能力の不十分な人の保護と本人の意思を尊重し、必要な世話を手配し、財産を管理します。 どんな種類があるのか? 後見制度には、「法定後見制度」と「任意後見制度」があります。そして「法定後見制度」はさら […]